税額控除の対象となる「修学支援事業基金」の募集を開始しました

目的

修学支援事業基金は、経済的な理由で修学が困難な学生等を支援することを目的としています。
意欲と能力のある学生が経済的な事情により修学を断念することがないよう、皆さまからのご支援をお願い申し上げます。

対象事業

「修学支援事業基金」は、従来の教育研究支援基金により実施していた事業のうち、経済的な理由で修学困難な学生に限定して支援します。

税制上の優遇措置

この基金は、平成28年度の税制改正により導入された「税額控除制度」の対象となる基金です。従来の「所得控除」または「税額控除」のどちらかを選択いただけます。

寄附のお願い

ご寄附の際、本学指定の振込用紙をご利用される場合は、備考欄の(□修学支援事業基金として寄附する)にチェックしてください。チェックがない場合は、教育研究支援基金への寄附として取り扱わせていただきます。この場合、税額控除の対象とはなりませんのでご了承願います。

修学支援事業基金への個人寄附に対する優遇措置について(平成28年度から)

税額控除とは、個人からの寄附について、寄附金額の一定割合を所得税額から直接控除することができる制度です。寄附金額を基礎に算出した控除額を所得税額から直接控除するため、ご寄附くださる方にとっては、所得や寄附金額の多寡にかかわらず、減税効果が非常に高いことが特徴です。 なお、所得控除制度と税額控除制度のうち、寄附者(納税者)の選択により、どちらか一方の有利な制度を選択することが認められています。

所得控除

税額控除