滋賀大学広報方針

2011年9月13日制定

  1. みえる滋賀大
    大学としての品位を保ち、広告に偏ることなく、等身大の大学像を伝えること、正確でわかりやすい情報を発信し、地域社会からの信頼と親愛の念を得ることをめざす。
  2. 情報の受け手
    教職員、学生、卒業生、学費負担者、受験生、高等学校、企業、行政機関等のステークホルダーを主たる情報の受け手とし、広報を情報共有の手段と位置づける。
  3. 情報のアクセント
    視覚性に富み、簡潔でわかりやすいアクセントのある情報発信を行う。人材養成を中核的使命とする大学として、教育内容、課外活動、地域貢献活動、学生支援、就職実績を重点分野とし、情報の質と量を拡充する。
  4. 価値の発掘
    価値ある情報を大学の資源と位置づけ、理事、副学長及び学部長を、所掌する部局の情報発掘・集約の責任者とする。広報担当責任者と理事、副学長、学部長は、相互に連携して、情報の取捨選択と発信に努める。
  5. パブリシティー
    メディアへ積極的に情報を提供し、各種行事、大学改革、教員・学生の特色ある教育・研究・地域貢献活動に関するプレスリリースを強化する。
  6. 広報の主体
    部局は事業の実施主体として、情報の積極的な収集と伝達、独自広報に努める。広報室及び広報部会は包括的な大学広報を実施するとともに、情報の有機的結合と一体化を推し進める。
  7. 媒体と予算
    Webを主要な媒体と位置づけ、大学サイトを不断に改良し、民間サイトとの提携を強化する。
    紙媒体では、広報誌・大学案内・募集要項等刊行物の連携と改善を図る。これらに要する経常的な広報予算は計画的かつ安定的に措置し、戦略的な広報予算は有効性評価にもとづき投入する。
  8. 広報活動のルール
    法令、本学の規則等にのっとり、個人情報や権利を尊重し、個人・組織の同意なしにそれらの情報を公表しない。担当者は職業上の守秘義務を守り、また、公序良俗に反する情報を発信しない。