平成15年度の博士後期課程「経済経営リスク専攻」設置に伴い、本研究科は博士前期課程3専攻と博士後期課程1専攻で構成されています。また、平成14年度より経営学専攻内に我が国最大のシンク・タンク・株式会社野村総合研究所との連携大学院も設置されています。
 教育目的は、学部理念 「グローバル・スペシャリストの養成」を大学院教育に具体化し、博士前期課程では、経済、経営及びファイナンスに関する高度な専門知識を身につけた視野の広い経済人と研究者を養成すること、博士後期課程では、経済学及び経営学に基礎を置きつつ、リスクに関する高度かつ体系的、総合的な研究能力を備えた「リスクリサーチャー」を養成することです。

経済学研究科

カリキュラム概要(博士前期)

(学部・大学院(博士前期課程)5年一貫教育プログラム及び国際交流協定に基づく5.5年連携一貫教育プログラムに所属していない学生)

【プロフェッショナル・コース】

区分 経済学専攻 グローバル・ファイナンス専攻 経営学専攻
基礎科目 4単位以上
6単位を限度に修了要件として認める。
展開科目 自専攻の展開科目から10単位以上
特定科目 プレゼンテーション技法又は経営環境分析Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、Ⅴから2単位以上
連携大学院科目
演習科目 研究指導教員の演習科目4科目8単位必修
副研究指導教員による演習は修了要件として認める。
論文 修士論文または特定課題研究
単位合計 36単位以上
授与する学位 修士(経済学) 修士(ファイナンス) 修士(経営学)

【リサーチ・コース】

区分 経済学専攻 グローバル・ファイナンス専攻 経営学専攻
基礎科目 4単位以上
6単位を限度に修了要件として認める。
展開科目 自専攻の展開科目から10単位以上
特定科目 古典講読Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ又はワークショップⅠ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、から2単位以上
連携大学院科目 修得義務なし
演習科目 研究指導教員の演習科目4科目8単位必修
副研究指導教員による演習は修了要件として認める。
論文 修士論文
単位合計 36単位以上
授与する学位 修士(経済学) 修士(ファイナンス) 修士(経営学)

カリキュラム概要(博士後期)

【経済経営リスク専攻】

教育研究分野 科目群 必要単位
リスク基礎 リスクの経済学特殊講義(2単位) 4
確率論特殊講義(2単位)
6科目(各2単位)から 2
リスク管理 20科目(2単位)から 4
リスクと創造
共通 フィールドワーク(2単位) 2
プロジェクト研究(2単位) 2
特別演習Ⅰ・Ⅱ(各2単位) 4
特別演習Ⅲ(4単位) 4
合計 修了要件 22単位
授与する学位 博士(経済学または経営学)