教育学部のアドミッション・ポリシー(学生受け入れ方針)

教育学部の理念

(1)学部の独自性

 本学部は滋賀師範学校をおもな母体として設置され、その前身は明治8年にさかのぼります。以来今日まで、一貫して滋賀県を中心に学校教育を担う人材を輩出してきました。常に地域の教育の中核として、附属学校園や地域の教育機関との連携のもとに、実践的指導力の養成に力を注いでいます。
 教育に対する期待がますます増大している現代において、特色ある教育学部の創出を目指します。そのために学校教育の現場で活躍する教員を養成するとともに、地域教育への貢献を組織的に推進するための教育の拠点としての機能を一層強化します。さらに、琵琶湖の環境、教育における国際化や情報活用に関する特色ある学際的・総合的研究を推進します。

(2)学部理念

 現代社会はさまざまな問題を抱えながら、目まぐるしい変化を続けています。私たちの学部は、現代社会の今日的な諸問題に積極的に対応できると同時に、問題解決能力をもった人材養成をめざしています。また、人間形成にも重きをおき、学生一人ひとりの知的教養を磨き、芸術・文化・自然などに対する感受性を養うとともに、ひとに対して深い共感と理解を示し、専門知識に正しく基礎づけられた豊かな人格形成を目標としています。

求める学生像

私たちの学部では、次のような人を求めています。

  • 変化の激しい社会を主体的に生きる人々を育て、よりよい社会の創造に貢献できる教師や指導者をめざす人
  • 学校教育、環境教育に高い関心をもち、教育の諸問題に自ら積極的に取り組む意欲や熱意のある人
  • これらの課題の追究や解決に必要な幅広い基礎的知識、論理的思考力・コミュニケーション能力、豊かな感受性を備えた人

入学者選抜の基本方針

 本学部の教育理念・目標に合致する学生を選抜するために、さまざまな評価の観点から多様な入学者選抜を実施し、志願者の能力や資質を総合的に評価し、判定します。

各選抜方法の趣旨

 本学部では、一般入試(前期日程・後期日程)のほかに、推薦入試、社会人入試、私費外国人留学生入試、帰国子女入試という多様な入学者選抜を行っています。

(1)一般入試

 前期日程では、大学入試センター試験の成績と、個別学力検査(文系型、理系型、面接型、実技型)の成績を総合的に評価し、合否を判定します。
 後期日程では、大学入試センター試験の成績と、小論文の成績を総合的に評価し、合否を判定します。

(2)推薦入試

 推薦入試には一般推薦と地域推薦があり、学力試験でははかれない側面(たとえば、志望動機、入学後の学習意欲、本学部の教育理念への適合性など)に重点をおいた入学者選抜を行います。
 一般推薦は、学校教育に高い関心を持ち、学校教員など地域の教育に貢献できる人材を求めます。
地域推薦は、滋賀県内の高等学校に在籍する生徒を対象として、将来滋賀県で学校教員を目指す人材を求めます。
 どちらの推薦入試も大学入試センター試験と個別学力試験を課さず、高等学校長からの推薦書に基づき、調査書、小論文、面接、専門課題、集団討論などの成績を総合して合否を判定します。

(3)社会人入試

 本学部では、社会人の大学教育への期待に応えるために、社会人を受け入れます。社会人入試では、大学入試センター試験を課さず、小論文および面接の成績と出願書類を総合して合否を判定します。

(4)私費外国人留学生入試

 私費外国人留学生入試では、独立行政法人日本学生支援機構が実施している「日本留学試験」の指定する教科・科目の成績、本学部が実施する学力試験(実技を含む)の成績、面接および出願書類を総合して合否を判定します。

(5)帰国子女入試

 帰国子女入試では、小論文、面接、専門課題などの成績を総合して合否を判定します。