昼間主・夜間主に分けて選抜します。

選抜日程

【昼間主・夜間主1種・2種】

出願期間 平成28年11月14日(月)~11月18日(金)
選抜期日 平成28年12月3日(土)
合格者発表 平成29年1月27日(金)【昼間主】
平成28年12月16日(金)【夜間主1種・2種】

※合格発表のみ昼間主と夜間主1種・2種で日程が異なります。

募集人員

学科 昼間主 夜間主
1種 2種
経済学科 若干名 あわせて5名
ファイナンス学科 あわせて5名
企業経営学科 あわせて5名
会計情報学科 あわせて4名
社会システム学科 あわせて5名
合計 若干名 12名 12名

出願要件

【昼間主】

平成29年4月1日現在の年齢が22歳以上の社会人で、かつ、(財)国際ビジネスコミュニケーション協会が平成26年(2014年)10月1日から、平成28年(2016年)10月31日までに実施するTOEIC公開テストの公式認定証を、本学が指定する期日までに提出できる者のうち、次のいずれかに該当する者。

  1. 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ)を卒業した者
  2. 通常の課程による12年の学校教育を修了した者
  3. 学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者

【夜間主】

社会人夜間主コース
[1種]
平成29年4月1日現在の年齢が22歳以上の社会人で、次のいずれかに該当する者
ア.高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ)を卒業した者
イ.通常の課程による12年の学校教育を修了した者
ウ.学校教育法施行規則第150条の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者
[2種]
次のいずれかに該当する者。
ア.大学入学資格を有する者(平成29年3月取得見込みを含む)で入学後就業しながら勉学する予定の者
イ.平成29年3月高等学校卒業見込みの者で就職を予定している者

志望方法

昼間主コースは5学科から1つのみ志望できます。夜間主コースは全学科(5学科)を志望順に選択します。

選抜方法及び合否判定基準

[昼間主]

ア.大学入試センター試験を免除し、下記エに掲げるTOEIC公開テスト(400点)、本学部が実施する小論文(400点)及び面接(200点)と出願書類を総合して入学者を選抜します。

イ.総合点の60%の点数を合格の目安とします。

ウ.本学部が実施する試験において、必要とする小論文、面接の一部又は全部を受験しなかった者及び下記期間中にTOEIC公開テスト公式認定証(Official Score Certificate)の提出がない者は、合否判定の対象にはなりません。

エ.(財)国際ビジネスコミュニケーション協会が実施するTOEIC公開テストのうち、平成26年(2014年)10月1日から、平成28年(2016年)10月31日までに実施されたもので、平成28年11月28日(月)~平成28年12月9日(金)17時までに公式認定証の提出が可能な試験の結果を採用します。

[夜間主]

ア.1種、2種ともに、個別学力検査及び大学入試センター試験を免除し、本学部が実施する小論文(600点)及び面接(300点)と出願書類を総合して、入学者を選抜します。

イ.本学部が実施する試験において、必要とする小論文、面接の一部又は全部を受験しなかった者は、合否判定の対象にはなりません。

出題方針

科目名 内容
小論文 出題されたテーマ(または課題文)に関する理解力、論理的な展開力・思考力、主張の妥当性、文章・論旨の構成力・表現力を重視します。

学科配属

夜間主コース1種、夜間主コース2種のいずれの選抜においても、各選抜ごとに受験者全員を対象に、それぞれの選抜ごとの募集人員の総数(※1)に基づいて合格者を決定したのちに、入学志願票に記入された学科の志望順位と、入学試験の総合成績によって、配属学科人員(※2)に基づき配属学科を決定します。
各学科ごとに合格者を決定するのではありません。

社会人夜間主コース

学科 募集人員の総数(※1) 配属学科人員(※2)
経済学科 24名 5名
ファイナンス学科 5名
企業経営学科 5名
会計情報学科 4名
社会システム学科 5名

表中の人数は1種・2種をあわせたものです。