経済学部のアドミッション・ポリシー(学生受け入れ方針)

経済学部の理念

(1)建学の理念と誇りうる独自性

 本学部の前身、彦根高等商業学校は、建学の精神として「士魂商才」を謳い、それに対し養成すべき人材としての相互扶助・社会奉仕的精神をもった商業的技術の専門家という独特の意味を付与しました。それは、地域社会への奉仕・貢献を前面に出し利益追求を副次的とする近江商人の精神と大きく合致するものでした。こうして、幕末期彦根藩が示していた視野の開明性・先見性と教養重視の伝統とも相俟って、彦根の地に、高い人格と豊かな教養を備え地域社会にも貢献できる専門職業人の養成の場が創り出されました。
 そうした彦根高商の伝統を受け継いで、第二次世界大戦後、発足した滋賀大学経済学部は、経済界等に多くの優れた人材を輩出しながら、社会と地域の要請に応えて大きな発展を遂げてきました。そして、古来より近畿・東海・北陸の経済的文化的交流点であり、琵琶湖をかかえ環境意識の高い滋賀県に立地する国立大学経済学部である本学部は、そうした学部としては、全国最大規模の陣容を整えていること、特に国立唯一のファイナンス学科および人文・社会・自然諸科学の学際的研究教育を担う社会システム学科を含めて、5学科・修士3専攻・博士1専攻を有する総合的性格をもつ経済学部であること、附属史料館は、中世社会に関する我が国第一級の貴重な史料をはじめとして、近世近代の古文書群を所有し、近江商人・近江地域史研究の拠点になっていること、等の独自性を備えるに至っています。

(2)学部の教育理念

 21世紀を迎えて滋賀大学経済学部は、これまでの実績と伝統に安住することなく、独自の工夫をこらした改革を進め、急激に変化する社会と地域の要請に応え、有為の人材の養成とより高次の知識創造・学術文化に資する高等教育機関としての発展を目指しています。 滋賀大学経済学部は、建学の精神を現代に活かした教育理念として「国際的な視野をもち、環境に配慮しつつ地域社会にも貢献できる、個性ある専門職業人の養成(グローバル・スペシャリストの養成)」を掲げ、その資質として三つの識「意識・知識・見識」(問題意識・専門知識・規範意識)の涵養とそれを基礎にした問題探求能力の育成をモットーにしています。

求める学生像

滋賀大学経済学部は、学部の教育理念・目標に基づき、次のような人を求めています。

  • 経済・社会問題に関心をもち、かつ本学部で学ぶために必要な基礎的知識と、論理的思考力・読解力、コミュニケーション能力・表現力を備えている人
  • みずから課題を見出し、本学部の多様な科目・履修コースを主体的に選択して、問題探求能力を高めようとする意欲をもった個性豊かな人
  • 大学で修得した専門知識と教養を活かし、卒業後、積極的に国際社会・地域社会に貢献しようという意志をもった人

※ 本学部を志望する高校生諸君へ ―本学部が求める学習経験
本学部への入学を希望する高校生は、とくに以下のことを念頭に置いて学習に取り組んでください。

 英語・国語の学習は、本学部で学ぶための最も基礎的な能力である論理的思考力・読解力や、コミュニケーション能力・表現力を培うものです。こうした能力は短期間で簡単に身につくものではありません。じっくりと取り組むことを期待します。数学の学習は、本学部で学ぶ分野の多くで求められる数理的な思考法や知識を養うために必要です。
 また、本学部で主体的・創造的に学ぶためには、経済・社会に対する幅広い知識とともに、特定の分野や問題に深い興味や関心をもつことも大切です。地歴・公民や理科の学習、総合的な学習の時間、さらにはボランティア活動等を含めた課外活動を通じて、経験の習得に努めると同時に、自分の興味や関心を問い直し、みずからの個性や独創性を活かすことのできる分野や問題を見つけるようにしましょう。

入学者選抜の基本方針

 本学部の教育理念・目標に適合する学生を選抜するために、多様な入学者選抜を実施し、多元的な評価尺度を用いて志願者の能力・資質を適切に評価・判定します。

各選抜方法の趣旨

 経済学部では、一般入試(前期日程・後期日程)の他に、推薦入試(A推薦・B推薦)、社会人入試(昼間主コース・夜間主コース)、私費外国人留学生入試、帰国子女入試、3年次編入試という多様な入学者選抜を行い、様々な評価尺度を用いて、本学部の教育目標達成のために必要な基礎的能力や資質を備えた人材を受け入れることをめざしています。

(1)一般入試(昼間主コース)

 本学部では一般入試昼間主コースの前期日程、後期日程の募集定員がそれぞれ150名、200名であり、後期日程にも多くの定員を当てているのが特徴です。
 また、前期・後期の両日程において、広範囲にわたる基礎学力の修得度をみるためにセンター試験を5教科7科目利用する採点方式を取り入れるとともに、本学部での学習の核となる能力を示す科目における高い習熟度をみるためのセンター試験3教科型(国語/外国語/数学または地歴・公民から1科目)の採点方式をも併用して順位を決定する新しい選抜制度を導入しています。
 個別学力試験においては、前期日程、後期日程ともに、英語と国語、あるいは英語と数学の2教科の試験を課して、本学部で学ぶために必要な基礎的な能力を評価します。
 本学部は、「センター試験5教科7科目+個別学力試験」の採点方式に加えて、「センター試験3教科+個別学力試験」の採点方式を併用することによって、多様な志願者に受験機会を保証するとともに、センター試験を5教科7科目受験した志願者についても、基礎的な能力に特化したもう一つの尺度を併用して多元的に評価することにより、高い潜在能力を持ちながら多数の科目の合計点だけでは十分に評価され難い個性的な人材をも受け入れることをめざしています。

(2)一般入試(夜間コース)

 本学部では、平成25年度入試から夜間主コースに一般入試(前期日程)を導入しました。これは、従来は社会人入試のみだった夜間主コースに一般入試を導入し、大学入試センター試験と出願書類を総合して合否を判定するもので、募集人員は26名です。なお、大学入試センター試験の教科・科目及び配点は一般入試(昼間主コース)と同じです。

(3)推薦入試

 本学部の推薦入試は、普通高校出身者が主な対象のA推薦入試(募集人員40名)と、商業科、あるいは商業・情報系の学科出身者が対象のB推薦入試(募集人員20名)の二通りの選抜を行っています(出願資格等の詳細については「選抜要項」・「募集要項」を参照してください)。経済社会問題に深い興味を抱き、本学への進学を特に強く希望する志願者を対象に、出身高等学校長の推薦書等に基づき、一次選考として「小論文」を課し、その合格者に対して二次選考の「面接」を行い、それらと推薦書・調査書(B推薦においては取得資格も含む)等を総合して合否を判定します。
 「小論文」では、資料(英文資料も含む)の読解力、課題に対する論理的思考力、主張の的確性、文章の表現力等をみます。「面接」は、与えられたテーマに関して討論を行う能力を主としてみます。

(4)社会人入試

 社会人としての多様な経験を有する人たちの大学教育への期待に応えるために、本学部では、昼間主コース、夜間主コースの二つのコースを用意して社会人を積極的に受け入れています。
 昼間主コースの選抜においては「TOEIC公開テスト」の成績と、本学部が実施する「小論文」、「面接」の成績等を総合して、夜間主コースの選抜においては「小論文」と「面接」の成績等を総合して合否を判定します。
 「小論文」では、出題されたテーマ(または課題文)に関する理解力、論理的な思考力、主張の妥当性、文章・論旨の構成力・表現力を重視します。

(5)私費外国人留学生入試

 独立行政法人「日本学生支援機構」が実施している「日本留学試験」の「日本語」、「日本語・記述」、「理科又は総合科目」、「数学(コース1又はコース2)」の成績と、本学部が実施する学力試験の「英語」、「面接」、等の成績を総合して合否を判定します。
 「英語」の試験では、本学部での学習に必要な基本的な文法力、英文理解力、語彙力、英文表現力をみます。「面接」では、日本語による会話・コミュニケーション能力等についてもみます。

(6)帰国子女入試

 「TOEFL-iBT」で60点以上を取得した者を対象に、本学部が実施する学力試験の「小論文」、「面接」等の成績を総合して合否を判定します。
 「小論文」の試験では、出題されたテーマ(または課題文)に関する理解力、論理的思考力、日本語の文章の構成力・表現力をみます。

(7)3年次編入試験

 他大学、短大、高等専門学校、専修学校等からの編入生を受け入れるための試験で、「TOEIC公開テスト」の成績と「面接」等の成績を総合して合否を判定します。