このたび、滋賀県の委託を受け、データに裏付けされた政策立案(EBPM)を推進するためのモデル研究事業を開始しました。

 本研究では、滋賀県における女性の年代別労働力率の落ち込みの要因分析等をテーマに、県統計課、女性活躍推進課と連携し、EBPMのノウハウ、データ収集・分析等について調査研究を行います。

 本事業により、県職員のデータ分析技術の向上とデータサイエンス技術の社会実装を進めるものです。