ワンダーフォーゲル部所属の常田英一朗さんが、南米最高峰のアコンカグア山の登頂に成功しました。

 

【ワンダーフォーゲル部所属 経済学部 常田英一朗さんのコメント】

 2018年1月29日に日本を出国し2月23日に帰国しました。この間、山中14泊15日にて、南米最高峰アルゼンチンのアコンカグア山に登頂して参りました。登頂はひとえに多くの方のご協力と、何より自然に愛されたことによるものです。

 日本以外の山を知らない私にとって、標高6960mの世界というのは完全な未知の世界でした。初めて経験することばかりで、体力的な部分はもちろんのこと、自分の行動の1つ1つが本当に正しいのか、精神的にも追い込まれました。しかし頂上からの景色は例え難い絶景で、そこまでの道のりと相まって自然と涙が流れました。

 今回の遠征の記録は滋賀大学ワンダーフォーゲル部ホームページ、”部日誌”の中の”個人山行”というカテゴリの中にございます。是非、一度、読んで頂ければ嬉しいです。

 次の遠征はまだ決めていませんが、これからも挑戦していきたいと思っています。今後ともワンダーフォーゲル部共々、応援の程よろしくお願い致します。

ニドまで順当に高度順応を進め、次の日初めて6000mにあるキャンプ コレラを目指すという日の夜、夕日に染まる見事なアコンカグアを撮影できた

8日目午後8時頃、ニド デ コンドレス(キャンプ2)から見た夕日に染まるアコンカグア

ピークアタックの日に見た朝焼け。6000mの地点から見た朝焼けは、深い群青色から太陽のオレンジ色まで円形に見事なグラデーションをなしていた

12日目午前6時半頃、6000m地点のキャンプ コレラ付近から見た見事なグラデーションの朝焼け

12日間の末に取らせてもらったピークには写真で何度も見た十字架があり、そして地平線の果てまで大自然が続いていました

12日目午後2時半頃、アコンカグア頂上には写真で何度も見た十字架と、地平線の果てまで続く大自然があった