データサイエンス学部の和泉志津恵教授と松井秀俊准教授が、放送大学で平成30年度にBS放送やインターネット等で放送・配信されるテレビ番組「データサイエンス特別番組」の公開講演会(3月10日名古屋市開催分)で講演します。

 公開講演会は、以下のとおり2会場でそれぞれ2部構成が予定されています。参加を希望される方は入場無料ですが、事前登録が必要です。皆さまのご参加をお待ちしております。

①「データサイエンス講演会 in 愛知」

【日時】 2018年3月10日(土)13:30開始(13:00開場)

【場所】 中京大学名古屋キャンパス・センタービル0704教室

     (愛知県名古屋市昭和区八事本町101-2)

【プログラム】
 第1部 データサイエンスことはじめ

  和泉志津恵 教授(滋賀大学データサイエンス学部)

   いまの社会はビッグデータの時代とよばれ、身近なデータが蓄積されるようになりました。大小様々なデータを対象として新たな価値を創造する学問分野が、データサイエンスです。例題やミニクイズをとおして、一緒に、データサイエンスの世界に触れてみませんか。

 第2部 データサイエンスをいかす

  松井秀俊 准教授(滋賀大学データサイエンス学部)

   データを分析するための方法として、回帰分析や判別分析などの統計手法を紹介します。これらの方法がどのような場合に使われ、どのような結果を与え、それらをどのように解釈するかについて説明します。また、コンピュータ上で実際に分析を行う流れについても説明します。

②「データサイエンス講演会 in 東京文京」

【日時】 2018年3月23日(金)13:00開始(12:30開場)

【場所】 東京文京学習センター地下1階 多目的講義室1

     (東京都文京区大塚3-29-1)

【プログラム】
 第1部 経営における人工知能とデータサイエンス

  倉橋節也 教授(筑波大学大学院ビジネス科学研究科)
 IT の進展により、様々なデータが企業や組織に蓄積する中、データサイエンスや人工知能への期待が急速に高まっています。本講演では、データを扱うための基礎的な人工知能手法と経営分野における適用事例を紹介します。

 第2部 マーケティングとデータサイエンス

  佐藤忠彦 教授(筑波大学大学院ビジネス科学研究科)
 企業は、市場における競争優位性を高めるべく、様々なデータの高度利用を模索しています。マーケティングも例外ではなく、POS データやID 付POS データに代表されるビッグデータを活用し、消費者の理解を促進し、またその理解に基づく活動の高度化を狙っています。本講演では、マーケティングにおけるデータサイエンスの役割・考え方を示した上で、データの高度活用例を紹介します。

事前登録方法

参加を希望される方は以下のURLから、お申し込み下さい。(講演会ごとに、一人ずつお願いします)

①「データサイエンス講演会 in 愛知」

https://reas3.ouj.ac.jp/reas/q/52643
受付は3月上旬まで行いますが、定員に達し次第締め切ります。(先着80名)

②「データサイエンス講演会 in 東京文京」

https://reas3.ouj.ac.jp/reas/q/52648
受付は3月中旬まで行いますが、定員に達し次第締め切ります。(先着120名)

 事前登録いただいた方には、後日、参加の可否のご連絡を差し上げます。
 本講演会は放送大学のテレビ番組として撮影を行います。収録・編集後、テレビ放映やインターネットで配信されます。来場者も映る場合がありますので、あらかじめご了承下さい。これに伴い、本講演会参加者の方には、承諾書にご署名をお願いします。

【主催】放送大学

【お問い合わせ先】

 放送大学・オンライン教育センター事務室
 中谷多哉子(放送大学教養学部・教授)
 Eメールcode-office@ouj.ac.jp