次代の「超スマート社会(Society5.0)」を担うAIやIoTなどのテクノロジー。その基盤となる膨大なデータの分析・活用を担う「データサイエンス人材」の育成は産学を挙げて取り組むべき喫緊の課題です。また、既にビジネスの最前線で展開されている様々なデータの利活用について、経営やマネジメントレベルで浸透させてゆくことが、これからの日本経済・社会がデータ社会として発展してゆくには欠かせません。

 今回のフォーラムでは、2部構成でデータ社会が拓く未来について発信します。

 

【日時】2018年3月2日(金)10時~17時(開場9時30分)
 第1部 10時~12時
  「データサイエンス~産学連携教育研究セッション」
 第2部 13時30分~17時
  「新たなビジネスを創造するデータアナリティクスの最前線セッション」

【会場】大手町フィナンシャルシティ カンファレンスセンター・ホール
     東京都千代田区大手町1-9-7 大手町フィナンシャルシティ サウスタワー

【受講料・定員】無料・定員350名(申込締切2月20日
  ※お申し込み多数の場合は抽選のうえ、ご登録いただいたメールアドレス宛にご連絡します。

【主催】滋賀大学/日本経済新聞社

【協賛】野村総合研究所、伊藤忠テクノソリューションズ、SAS Institute Japan、あいおいニッセイ同和損害保険、パーソルキャリア、京都銀行、関西アーバン銀行、東レエンジニアリング、滋賀銀行

【特別協賛】情報・システム研究機構 統計数理研究所

【後援】内閣官房(申請中)、総務省、文部科学省(申請中)

 

詳細はこちらのホームページをご覧ください。https://events.nikkei.co.jp/1800/

お問い合わせ先
「日経データサイエンスフォーラム事務局」
Tel:03-3545-2437(営業時間:平日10時~18時 土日祝日除く)
E-mail:face2@inc.email.ne.jp