教育学部1回生の森中初花さんが、改組・新・第4回の日展(5科=書部門)に入選しました。

 日展は、明治40年に始まったわが国で最も伝統のある総合美術展です。今回の書部門には、全国から8457点の応募があり、入選は1028点という難関でした。五科では専門家の出品が多いなか学生が入選すること自体がめずらしく、1回生の森中さんの入選は異例の快挙ということができます。

 同展は、東京の国立新美術館での本展が終了し、1月12日までは京都展が京都市美術館別館と日図デザイン博物館で開催中で、森中さんの作品も陳列されています。

 

 詳細は、日展ホームページ https://nitten.or.jp/ をご参照ください。