11月24日(金)、全学的な教育改革の取り組みを推進するため、彦根キャンパスの校舎棟14番講義室において、今年度第2回目となる教育改革フォーラムを開催しました。

 今回は、徳山大学 アクティブラーニング研究所 ALプロデューサー・福祉情報学部特任講師 庄司一也氏をお招きし、『アクティブ・ラーニングと地域連携を考えるー徳山大学の地域ゼミ必修化とコモンルーブリックの事例も含めてー』と題して講演していただきました。

 フォーラムでは質疑応答などで活発なディスカッションが交わされ、本学のアクティブ・ラーニングの今後の発展に資する良いフォーラムとなりました。

庄司講師の講演の様子

庄司講師の講演の様子

講演を熱心に聞く参加者

講演を熱心に聞く参加者