11月2日(木)彦根キャンパスにおいて、滋賀県立八幡商業高等学校を対象とした高大連携プログラムを開催しました。八幡商業高等学校の生徒34名、先生2名が参加されました。

 学食体験をはじめ、周暁康先生の「ソーシャルデータによる個人化情報活用と価値創造」、児玉英明先生の「大学を何で選ぶか?ー偏差値以外の評価指標に着目してー」、小倉明浩先生の「世界経済の学び方」の3つの講義を受けていただきました。

 また、経済学部1回生の学生3名の体験談や意見交流なども行われ、充実した内容となりました。

周先生の講義
調べる生徒たち
小倉先生の講義
滋賀大学の学生の説明