このたび、滋賀県の委託を受け、健康寿命延伸のためのデータ活用に関する分析・研究を開始しました。

 本研究では、県及び市町における、健康・医療・介護に関するデータや経済状況・ボランティア参加率等の社会環境因子に関わるデータを一体的に分析・活用し、全国における県の位置づけや強み・弱みを把握し、今後の健康政策立案に有用な根拠を示すことを目指すものです。

 官学連携による健康データの活用事業は、データに基づく行政を推奨する国の方針と合致しており、本取組が滋賀県に有用なものとなるだけではなく、全国の自治体のベンチマーク事例になることも期待されます。

IMG_7755

左から、竹村学部長、藤本滋賀県健康医療福祉部長

IMG_7755

関係者との記念撮影