このたび、東レエンジニアリング株式会社との間で、本学データサイエンス教育研究センターの笛田 薫教授のもとで、ネットワーク上にあるノード(設備・工場・店舗等)から収集された実績データを分析し、ノードの稼働状況を予測する技術の開発を目指した受託研究契約を締結しました。

 この研究によって、製造業やサービス業におけるネットワークの最適化に係る課題全般の解決に展開できるものと期待されます。

IMG_7492

左)竹村学部長、四塚エレクトロニクス事業本部第二事業部長

IMG_7497

関係者との記念撮影(左端が笛田教授)