このたび、滋賀大学は、株式会社ショーケース・ティービーの委託を受け、同社のマーケティング活動促進や新事業・新サービス創出に向けた、企業実務ビッグデータを活用したAI(機械学習)による分析・研究を開始しました。

 本研究では、同社が保有する、匿名ユーザのインターネット上での行動情報と属性情報をもとに1億3,900万件以上におよぶコンバージョン履歴を独自のアルゴリズムで統合・構築をしたDMP「ZUNOU」と、金融・不動産・人材・EC業界を中心としたWebマーケティングに関する実務ビッグデータを結合し、そこに本学のデータ分析技術を応用することで、有益な解を導き出すことを目的としています。

20170629_showcase-tv1

左から笛田教授、高田教授、竹村学部長、
森(株)SCTV社長、和田コグニロボ(株)社長、
高山(株)SCTV取締役

20170629_showcase-tv2

竹村学部長、森(株)SCTV社長