教育学部は、平成29年6月21日、発達障害に関する事業の取組について、連携・協力して円滑に進めることを目的に、特定非営利活動法人滋賀大キッズカレッジ&地域教育支援センターとの間で連携・協力に関する協定及び覚書を締結しました。

 教育学部学部長室で行われた調印式には、特定非営利活動法人滋賀大キッズカレッジ&地域教育支援センターから、久保田璨子理事長、堀口真理子事務局長、滋賀大学から渡部教育学部長、白石副学部長が出席し、協定書・覚書を取り交わしました。

 これにより、特定非営利活動法人滋賀大キッズカレッジ&地域教育支援センターと、発達障害に関する教育・研究活動、及び発達障害児の相談・学習について連携・協力を進めるとともに、本学部学生の臨床実習等への指導について協力が得られることが期待されます。

協定書に署名する渡部学部長(左)と久保田理事長

協定書に署名する渡部学部長(左)と久保田理事長

協定書を囲んで記念撮影

前列左から白石副学部長、渡部学部長、
久保田理事長、堀口事務局長