2017年3月16日(木)に開催された平成28年度関西学生テニス連盟定例総会において、経済学部体育会硬式テニス部の松村明香(4年生)さんが、「功労賞」を受賞しました。

 松村さんは関西学生本戦出場やインカレ予選に2年連続出場を果たし、それらの戦績や4年間の努力が評価され、今回の受賞となりました。

松村明香さんのコメント:
滋賀大学の学生として、賞をいただけたことを嬉しく思います。顧問の道上先生をはじめ、ご指導いただいた方々や、応援してくださった方々のおかげで、いただけたものだと思います。皆様のご支援のおかげで、4年間テニスに打ち込むことができました。本当にありがとうございました。4月からは社会人となりますので、後輩たちが充実した学生生活を送れるよう、私もOGとしてサポートしていきたいと思います。

松村さんを囲んで集合写真

「功労賞」を受賞した松村さん
(前列右から2人目)

「功労賞」の賞状と楯

 なお、硬式テニス部において、「功労賞」受賞は、2011年の浅田洋史(経済学部・当時3回生)さんと松本拓実(教育学部・当時3回生)さん以来、2度目となります。

前回受賞時の記事
「体育会 硬式テニス部の浅田・松本組が『功労賞』を受賞」