本館所蔵のコンドルセ『人間精神の進歩に関する歴史的展望の素描』に関する貴重書を展示していますので、ぜひご覧下さい。
貴重書展示コーナーは図書館1Fカウンター前に設けています。


コンドルセ『人間精神の進歩に関する歴史的展望の素描』(1795)

アダム・スミス『国富論』
ルーシェによる仏語訳(1790-91)

本図書館所蔵の経済学の古典(17)

コンドルセ『人間精神の進歩に関する歴史的展望の素描』(1795)

  コンドルセ(Condorcet, Marie-Jean-Antoine Nicolas de Caritat, 1743-1794) は18世紀のフランスで活躍した啓蒙思想家である。その業績は多岐にわたり、数学者(特に確率論)、黒人奴隷の解放論の先駆者、チュルゴの経済改革の協力者、近代的な公教育制度の立案者などとしても知られる。
 今回展示するのは、コンドルセの遺稿となった『人間精神の進歩に関する歴史的展望の素描』である。コンドルセは、この中で、理性、科学、技術、社会、人間の無限進歩を確信しており、本書は、啓蒙思想の最後を代表する著作として、後世に影響を与えた。
  マルサスが『人口論』(1798)で、このコンドルセの進歩論に真っ向から反論する形で、議論を展開していることはよく知られている。
  今回は、コンドルセが支援したとされる、ルーシェによるアダム・スミス『国富論』の仏語訳(1790-91)も同時に展示する。
 

(1)Condorcet, Marquis de. Esquisse d’un Tableau Historique des Progres de l’Esprit Humain. S.I., s.n., 1795.
(2)Recherches sur la nature et les causes de la richesse des nations, traduites de l’anglois de M. Smith, sur la quatrième édition, par M. Roucher. Paris: Chez Buisson, 1790-1791

(解説:経済学部教授 御崎加代子)