滋賀大学保健管理センターでは、学生・教職員及び地域住民の皆さまを対象に、健康的な生活を送るための正しい情報を提供する機会として滋賀大学健康セミナーを開催しております。

 第3回は、神経精神分析ワークショップとして、こころと脳の健康に関心をもつ一般の方々や研究者、臨床家を対象に、3月3日(金)、JR大津駅前の大津サテライトプラザにおいて開催され、20名の方の参加がありました。今回は「ニューロサイコアナリシスー歴史と展望」をテーマとして、京都大学の融合チーム研究プログラムSPIRITSと共催で‎行われました。箱庭療法や慢性疼痛へのドリームワークなどの臨床的な話題から、夢の神経精神分析的理解や洞窟壁画からバウムテストを捉え直すアプローチなど、多彩な観点から話題提供が行われ、フロアも交えて活発な議論が展開されました。

 

20170310_kenko1
20170310_kenko2

パネリストによる講演

4人の先生方と討論をする様子

フロアも交えた討論会の様子