3月6日(木)に経済学部第14講義室(教育学部講義棟第35講義室)において、平成25年度学生自主企画プロジェクト成果報告会を開催し、両学部の学生及び教職員約70名が参加しました。

 この報告会は、ボランティア・地域貢献・キャンパス改善など学生の独創的かつ意欲的な活動の成果を報告する場であり、今年度は「Enjoy Baseball」、「よさこいを通じてつながる心」、「天文観測会プロジェクト~天文の魅力を伝えて~」など合わせて13団体から報告があり、活発な質疑応答が行われました。

 審査の結果、優秀なプロジェクトには、教育学部の「科学ワークショップによる社会および子どもへの学習推進活動」と経済学部の「CIELプロジェクト」の2団体が選ばれ、近藤理事から副賞が贈られました。また、審査いただいた滋賀大学客員准教授の阿部圭宏先生から、来年度の活動に向けた取り組み方やアドバイスを頂き、学生達にとって有意義な報告会となりました。

報告会の様子1
報告会の様子2
報告会の様子3
阿部先生による講評

報告会の様子・阿部先生による講評(右下)

優秀団体に選ばれた「科学ワークショップによる社会および子どもへの学習推進活動」

優秀団体に選ばれた「科学ワークショップによる社会および子どもへの学習推進活動」

優秀団体に選ばれた「CIELプロジェクト」

優秀団体に選ばれた「CIELプロジェクト」