表彰者を囲んでの記念撮影

表彰者を囲んでの記念撮影

 平成25年12月21日(土)から12月22日(日)までの日程で開催された「第1回科学の甲子園ジュニア全国大会」において、教育学部附属中学校生徒3名を含む滋賀県代表チームが見事優勝を果たし、文部科学大臣賞を受賞しました。
 その栄誉を讃え、滋賀大学では、大会に参加した教育学部附属中学校2年の石田みのりさん、佐敷美優さん、前川美月さんに学長特別表彰を贈りました。

 表彰式は、平成26年1月21日(火)、附属中学校において執り行われ、佐和学長からの表彰状と記念品の授与に続き、賞賛と未来の活躍を期待する言葉が贈られました。また、表彰式後には、記念撮影とともに、表彰者、附属中学校教諭と学長・理事で懇談を行い、大会の様子、将来の夢、理系女子に対する期待など、熱く語られました。

 また、表彰式の翌日1月22日(水)には、滋賀県庁を訪れ、知事ならびに教育長へ受賞報告を行いました。

 

 「科学の甲子園ジュニア全国大会」は、全国の中学生が科学と実生活のつながりに気付き、科学を学ぶことの意義や楽しさを実感できる場を提供することを目的として創設され、第1回となる本大会には15,000名を超える生徒の参加があり、各都道府県の選考を経て選抜された47チーム、合計281名の中学生たちが、理科や数学に関する知識とその活用能力を駆使してさまざまな課題に挑戦しました。筆記競技、実技競技の得点を加算した総合成績により、滋賀県代表チームが優勝しました。また、女子生徒3名以上を含むチームの中の上位チームに贈られる企業特別賞帝人賞も併せて受賞しました。

 なお、本大会には、滋賀県予選で優勝(附属中学校)・準優勝した2校の2年生3名ずつの計6名による合同チームで出場しました。

 

<関連記事>

平成25年12月22日「第1回 科学の甲子園ジュニア全国大会」滋賀県代表チームが優勝(科学技術振興機構報 第1003号)

 

<関連サイト>

科学の甲子園ジュニア ホームページ