両学部の陸上競技部員からなる駅伝チームは、3年連続で予選を突破し、去る11月24日、京丹後市浜公園をスタートし宮津市役所に至る総距離81.2㎞、8区間をコースとする「丹後大学駅伝 兼 第75回 関西学生対校駅伝競走大会」の本戦に出場しました。

 本大会は、これまでびわ湖大学駅伝として親しまれてきた大会が、会場を京都府丹後地域に移して開催される最初の大会で、平均勾配約8%、高低差約140mの難所である2区をはじめ、起伏のあるコースに果敢に挑みました。

 難所の2区を新鋭谷本が31分34秒で快走し、大会最長区間の5区をエース後藤が区間16位とつなぎ、終盤の7区西島と8区堀がともに区間15位の走りを見せ、4時間30分52秒の18位でゴールしました。17位とは僅か1秒、16位とも1分6秒の僅差で、強豪校と競り合える力を付けてきています。本戦常連校になりつつある中、更に一層の精進を続けてまいります。御支援ありがとうございました。

顧 問  宮本  孝(経済学部)
     白井 重樹(教育学部)
コーチ  江崎 和希

 

自分を信じて(スタート・山本)

自分を信じて(スタート・山本)

思いをつなぐ襷(第1中継所・山本→谷本)

思いをつなぐ襷(第1中継所・山本→谷本)

一気の山下り(3区・岡久)

一気の山下り(3区・岡久)

風となって快走(7区・西島)

風となって快走(7区・西島)