10月22日(火)彦根キャッスルホテル・キャッスルホールにおいて、平成25年度滋賀大学外部有識者会議を開催しました。

 本会議は、大学の将来構想と運営に関する当面の重要事項について、広く外部の意見を聴くことを目的としています。

 今年度は「大学院改革」をテーマに、香川大学大学院地域マネジメント研究科長、三重大学大学院地域イノベーション学研究科長及び静岡大学大学院教育学研究科教育実践高度化専攻(教職大学院)の教授をお招きし、設立された大学院の特徴や課題について説明いただき、意見交換を行いました。

 会議では、佐和学長の挨拶の後、本学の北村理事より「滋賀大学将来構想と大学院改革」について説明があり、香川大学大学院地域マネジメント研究科長 板倉宏昭氏より「香川大学ビジネススクールについて」、三重大学大学院地域イノベーション学研究科長 小林一成氏より「三重大学大学院地域イノベーション学研究科の特徴と強みについて」についての講演及び静岡大学大学院教育学研究科教育実践高度化専攻(教職大学院) 原田唯司教授より「静岡大学教職大学院の紹介-これまでとこれから-」について講演があり、参加した教職員約40名は熱心に耳を傾けていました。

 講演と説明が終了した後に、質疑応答及び意見交換が行われ、参加者は大学院改革を実施するための重要事項と問題点を確認しました。

 また、会議終了後に講演者を囲んでの懇談会が開催され、本会議で聞き逃した事項などを自由討論することで、今後の滋賀大学の将来構想を検討するための大変有意義な会議となりました。

 

香川大学ビジネススクールについて講演される板倉研究科長

 香川大学ビジネススクールについて講演される    板倉研究科長

三重大学地域イノベーション学研究科について講演される小林研究科長

三重大学地域イノベーション学研究科について講演される小林研究科長

 

静岡大学教職大学院について講演される原田教授

静岡大学教職大学院について講演される原田教授

会議の様子

会議の様子