若手プレゼンテーション賞 賞状

 平成25年9月2日~4日、山梨大学甲府西キャンパスにおいて開催された、生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2013において、教育学部 大平雅子講師が、『若手プレゼンテーション賞』を受賞しました。

 本大会は、人の生命・生活を維持・向上させるための,生命関連分野,リハビリテーション・生活支援分野、生体計測・制御分野等における技術研究開発,利用技術に関する講演・発表をもって、社会貢献を図ることを目的としています。

 大平講師は、唾液ホルモンを用いた新たな「睡眠の質」評価の方法論と心理指標の関連、及び介入の可能性について報告され受賞されました。