両学部の陸上競技部員からなる駅伝チームは、去る11月17日、長浜市西浅井支所をスタートし大津市膳所城跡公園に至る総距離83.6km、8区間をコースとする「2012びわ湖大学駅伝 兼 第74回 関西学生対抗駅伝競走大会」の本戦に出場しました。

 降りしきる氷雨の中、1区を駅伝主将の小西雄大(経済3回生)が区間15位と健闘しタスキを繋ぎました。本戦直前に故障者がでるなど、苦しい戦いを余儀なくされましたが、その中にあって各大学のエース級選手が走る最長15.1kmの7区を後藤駿弥(経済2回生)が区間12位の48分23秒で走り抜き、びわ湖を目標に1年間厳しい練習に励んできた成果を見事に開花させました。4時間39分37秒で総合21位、関西学生対抗で17位と今年は悔しい結果に終わりましたが、来年こそ湖国の風となってびわ湖を駆け抜けます。

 寒い中、滋賀大にかけていただいた熱いご声援を忘れず、一層の精進を続けてまいります。御支援誠にありがとうございました。

顧 問  宮本  孝(経済学部)
     白井 重樹(教育学部)
コーチ  江崎 和希

5区野村の力走

5区野村の力走

チームの顔に成長した7区後藤

チームの顔に成長した7区後藤

無念のフィニッシュ

無念のフィニッシュ