教育学部では、11月22日(木)14時30分から大津市南消防署の指導・協力を得て、120名を超える学生・教職員の参加のもと、消防訓練(防災訓練)を実施しました。
 当日は好天に恵まれ、中講義室に集合し、防災ビデオ「今もし、地震が起きたら」の視聴に始まり、続いて、同署員の指導のもと防災管理(通報・救出・避難誘導)の訓練を行いました。
 その後、3班に分かれ、「消火栓教育及び水消火器による初期消火訓練」「負傷者の救助・搬出・応急処置等の救護訓練」「起震車による地震体験」を、ローテーションで順番に実施し、本番さながらの訓練を行いました。
 参加者は、それぞれの訓練に真剣に取り組み、防火意識の高揚と防災知識をより深めることができ、有意義な訓練となりました。

訓練の様子
訓練の様子

訓練の様子