ハラスメント啓発委員会は、滋賀大学の全職員がお互いの人権を尊重し、ハラスメントのない健全で快適なキャンパス環境をつくることを目的として、教職員を対象にハラスメント防止研修会(教育学部:8月23日(木) 経済学部:9月13日(木) 職員:9月20日(木))を開催するとともに、新たに管理職を対象とした研修会を9月11日(火)に開催しました。

 「NPOアカデミック・ハラスメントをなくすネットワーク」の御輿久美子氏(奈良県立医科大学女性研究者支援センター)と吉野太郎氏(関西学院大学)を講師にお招きし、「大学におけるハラスメント−その理解と対応−」、「大学におけるハラスメントの発生防止に向けて」と題した研修会を開催しました。

 研修会は、ハラスメントの定義や各大学で生じているハラスメントの事例、ハラスメントをなくすために大学がすべきこと等についてさまざまな事例を挙げながらの分かりやすい説明があり、最後に質疑応答が行われました。

 参加者からは「今まで特別意識していなかったが、周囲を不快にする言動とその予防について気づく機会となった」などの感想が寄せられ、ハラスメントについて当事者意識を喚起する有意義な研修会となりました。

 なお、9月28日(金)にはハラスメント相談員研修会を予定しています。

管理職を対象とした研修会

管理職を対象とした研修会

御輿氏による講義の様子

御輿氏による講義の様子