6月9日(土)教育学部大講義室において、第47回滋賀大学・和歌山大学二大学学長杯争奪総合定期戦の結団式が行われました。
 結団式では、本戦を6月23日(土)・24日(日)に控えた教育学部と経済学部の選手が一同に会し、近藤副学長から伝統と歴史がある滋和戦で競い合うことも大切ですが、楽しんで競技してくださいとエールを受け、団旗を受け取った団長代理の宮本孝教員と選手達からは一丸となって競技する決意が感じられました。

第47回滋和戦結団式
第47回滋和戦結団式

 引き続き第17回滋賀大学学長賞授与式が行われました。今年度は経済学部より4団体が受賞しました。
 授与式では、選考経過概要について近藤副学長より説明があり、経済学部のアイセック滋賀大学委員会、硬式庭球部、陸上競技部、サッカー部の4団体に表彰状と楯、副賞が授与されました。
 アイセック滋賀大学委員会はインターンシップで最も貢献した国内の取組みを決めるコンテスト「グローバル・インターンシップ・オブ・ザ・イヤー」で最優秀賞を受賞しました。そして、硬式庭球部は第49回近畿国立体育大会テニスの部において優勝し、平成23年度関西大学対抗テニスリーグ戦において、男子が3部リーグで優勝し、2部リーグへ昇格しました。また、陸上競技部は2011びわ湖大学駅伝予選を勝ち抜き、本選に出場しました。そして、サッカー部は第49回近畿国立体育大会男子サッカーの部において優勝し、第49回関西学生サッカーリーグにおいて3部Bブロックの優勝を果たし、2部に昇格しました。いずれの団体も滋賀大学の名を大いに高めたことに高い評価を受けました。

第17回学長賞授与式
第17回学長賞授与式