このたび、本学経済学部 道上静香教員が、世界的規模のスポーツの競技会において特に優秀な成績を収めた者やその指導に貢献があったと認められる者に対して贈られる文部科学大臣表彰の国際競技大会優秀賞(テニス指導者)を受賞し、平成24年3月27日に東京都港区のANAインターコンチネンタルホテル東京で表彰式が行われました。

 今回の受賞は、昨年の平成23年8月に中国の深圳で行われた第26回ユニバーシアード競技大会において、女子テニスチームのダブルス(青山修子選手・高畑寿弥選手)を金メダルに導いたその指導に多大な貢献があったと認められたものです。

道上静香教員のプロフィール

〔職 歴〕
1999年4月〜2002年2月 筑波大学体育センター
2002年3月〜2002年3月 筑波大学体育科学系
2002年4月〜現在    滋賀大学経済学部〔社会システム学科〕、経済学部 硬式庭球部顧問

〔研究分野〕
スポーツ科学

〔ユニバーシアードテニスチーム指導歴〕
2005年4月〜2008年3月 ユニバーシアード女子テニスチーム コーチ
2008年4月〜現在    ユニバーシアード女子テニスチーム 監督

◆関連情報は、次のページをご覧ください。
大学の動き2012.3.14:経済学部 得田、道上両教員に滋賀大学職員表彰が授与されました
新着情報2011.9.13:経済学部 道上准教授が監督を務める「テニスチーム」がメダルを獲得

(左から)道上静香教員、右近憲三日本テニス協会 強化副本部長、細木祐子コーチ

(左から)道上静香教員、右近憲三日本テニス協会 強化副本部長、細木祐子コーチ