滋賀大学保健管理センターでは12月12日(月)、大学サテライト・プラザ彦根において学生・教職員及び一般市民を対象にした「滋賀大学健康セミナー」を開催しました。

 今回は「がんと向き合うために」をテーマに、京都大学医学部附属病院 地域ネットワーク医療部 准教授 岸本寛史(キシモト ノリフミ)氏による講演が行われ、災害など異常事態における人の正常な反応とがん患者の精神状態とが似ていることやがん患者が精神的に安心できる環境を作ることが必要であるとの話に参加した約20名は、熱心に耳を傾けていました。

セミナーの様子

セミナーの様子

セミナーの様子

セミナーの様子