本学両学部の陸上競技部員で編成した駅伝メンバーが、去る10月1日に大津市立皇子山総合運動公園陸上競技場で開催された「びわ湖大学駅伝予選会」において、4時間20分14秒89の好成績で参加18校中6位に入賞し、11月19日(土)午前8時に長浜市西浅井支所をスタートして大津市膳所城跡公園までの83.6kmを8区でつなぐ、念願の本戦出場権を初めて獲得しました。

 本大会は、昭和12年に始まった関西学生対校駅伝競走大会を「東の箱根」に対して「西のびわ湖」と呼ばれる大会をめざし、2005年にコースを京都・丹後半島から湖西路に移して始まったもので、東海、中・四国、九州の招待校も加え、まさに学生駅伝西日本一を決定する大会として開催されており、本年度は東北学連選抜も招待され、シード校10校を含めた22チームで競います。

 地元の大学として、皆様の期待を背にタスキをつなぎ、全力で湖西路を疾走する本学駅伝メンバーに、熱いご声援をよろしくお願いします。なお、大会の模様は11月30日(水)午前1時59分から2時39分に読売テレビ系列で放送される予定です。

顧 問  宮本  孝(経済学部)
     白井 重樹(教育学部)
コーチ  江崎 和希