「本当の豊かさとは何か」を子どもたちと一緒に考える番組「豊かさのものさし 〜湖国の宝さがし〜」が、8月からびわ湖放送において毎月1回全12回シリーズで放送されます。

 この番組は、環境経済学者の本学佐和学長が委員長を務める「豊かさのものさし制作委員会」が企画・制作するもので、琵琶湖を囲む自然と史跡の宝庫である滋賀県を舞台に、子どもたちが身近で話題になっている地域を訪れ、専門家や地元の人から話を聞き、自分の目で見て、考え、本質を見極め、的確に判断できる力を養うことを目的としています。この番組の制作にあたり、本学も協力し、子どもたちとして教育学部附属小学校児童が出演、本学キャラクターの「カモンちゃん」も登場します。

 第1回の舞台は近江八幡市。琵琶湖が一望できる「シャーレ水ヶ浜」において、子どもたちが佐和学長、ノーベル物理学賞受賞者の益川敏英先生と琵琶湖の魅力について語り合います。

放送予定日:
 毎月第3土曜日の13時00分〜13時30分
 (再放送 第3日曜日の18時30分〜19時00分)

第1回放送日 平成23年8月20日(土)13時〜13時30分

放送局:びわ湖放送(放送エリアは滋賀県)

後 援:滋賀県、滋賀県教育委員会

JR近江八幡駅で駅長さんと

JR近江八幡駅で駅長さんと

子どもたちと語る益川先生

子どもたちと語る益川先生

子どもたちも少し緊張気味

子どもたちも少し緊張気味

シャーレ水ヶ浜

シャーレ水ヶ浜