7月8日(金)17時30分から彦根キャンパスにて、彦根地区生協学生委員会CIELが中心となり、「祭りを1つに!心を1つに!〜togetherしようぜ〜」をテーマに、地域の方々との交流を深めることを目的に2011七夕祭りを開催しました。

 今年で11回目の開催となり、彦根キャンパスの夏の恒例行事に定着した今年の祭りには、浴衣姿のお子さんをはじめ600名を越えるに方々にお越しいただき、願いが書かれた短冊がつるされた笹飾りが飾られ七夕の風情がかもしだされる中、経済学部よさこいサークルによる演舞の披露や彦根商店街の方々のご協力による出店、学生たちによるかき氷の販売やビアガーデン、子どもたちも楽しめるヨーヨー釣り、カロム、畳パズルなど盛りだくさんの催し物があり、短い時間ではありましたが、地域の皆さんと一緒に楽しんだ夏の夜でした。

 この他にも、地域とともにいろいろな活動に取り組んでいる学生たちもいます。このような活動を通じ、地域の方々に親しみを持って呼ばれる「滋賀大学」になれればと思います。

(広報室)

笹飾りの前で

笹飾りの前で

うまく釣れるかな?

うまく釣れるかな?

暑い夏にはこれが1番!

暑い夏にはこれが1番!

カモンちゃんと一緒に「パチリ」

カモンちゃんと一緒に「パチリ」

ステージで披露される演舞

ステージで披露される演舞

畳パズル。さて、どこかな?

畳パズル。さて、どこかな?