2011年6月24日(金)〜6月26日(日)に、プロテニスのクルム伊達公子選手を育て上げられた小浦武志氏(現 日本テニス協会常務理事)が、本学彦根キャンパスに来訪され、経済・教育両学部の体育会硬式テニス部の指導にあたられました。基礎的な練習内容から、クルム伊達公子選手が過去に行っていた練習・トレーニング、現在、実施しているトレーニング、その他にもプレッシャーに打ち勝つための方法、テニスを通しての人生観、ご自身の体験談などを惜しみなく披露されました。当初、2日間の予定で行われる練習会が小浦氏のはからいで、3日間の充実した練習会を開催することができました。

 小浦氏と10年近く親交のある経済学部・道上静香准教授によると、「この数年間、指導して頂ける機会を窺っていて、ようやく実現することができました。学生には、プロフェッショナルとは何か、またテニスというスポーツを通じて、技術だけでなく人間性を高めることを、先生の教えから体感してほしいという思いがありました。学生に刺激のある3日間を与えてくださって大変感謝しております。」と述べられた。練習会の指揮を執った経済学部の山田・樽井男女キャプテンからは、「この3日間は自分たちにとって、ものすごく良い経験になりました。今回、小浦先生に教わったことをこれからも忘れずに、少しでも自分たちの力になるよう吸収していきたいと思います。また、リーグに向けて頑張っていきたいと思います。」と意気込みを話していました。

講義

講義

サービス指導

サービス指導

ボール投げ指導

ボール投げ指導

走り方指導

走り方指導