4月6日(水)大津市の「びわ湖ホール」において、平成23年度滋賀大学入学式を挙行し、教育学部260名、経済学部609名、大学院教育学研究科62名、大学院経済学研究科52名(うち博士後期課程6名)、特別支援教育専攻科10名の総計993名が、学生生活のスタートを切りました。

 はじめに開式に先立ち、東日本大震災の犠牲者に対して哀悼の意を表し、黙祷をささげました。式典では、学歌斉唱の後、入学生を代表し経済学部上田修司さんが宣誓を行い、「学則を守り、学生としての本分を尽くすこと」を誓いました。引き続き佐和学長から入学生の皆さんに「専攻する学問の習得はもちろんのこと、専門外の書を読み、友と語る、更には課外活動に精魂を傾け、充実した大学生活を送り、人生で最も有意義な「経過点」を悔いなく過すごされることを祈念します。」と告辞がありました。
 続いて、来賓を代表して経済学部同窓会(陵水会)大森修太郎理事長から祝辞があり、その後在学生を代表し教育学部4回生の村井希衣さんから歓迎の言葉が述べられ、入学を祝しました。

 式典終了後新入生オリエンテーション「キャンパスライフ・イン・滋賀大学」が開催され、高島依子さんによるソプラノ独唱、在学生が取り組んでいる学生自主企画プロジェクトの紹介があり、入学生はこれから始まる大学生活に期待に胸を膨らませていました。

高島さんよる学歌独唱

高島さんよる学歌独唱

入学生代表による宣誓

入学生代表による宣誓

学長告辞

学長告辞

祝辞を述べる大森理事長

祝辞を述べる大森理事長

歓迎の辞を述べる在学生代表

歓迎の辞を述べる在学生代表

オリエンテーションで挨拶する北村副学長

オリエンテーションで挨拶する北村副学長

プロジェクトを紹介する教育学部学生ら

プロジェクトを紹介する教育学部学生ら

プロジェクトを紹介する経済学部学生ら

プロジェクトを紹介する経済学部学生ら