2月9日(水)、大阪税関調査部情報管理室情報管理官(密輸情報担当)菅原英昭氏を講師に迎え、「最近の薬物密輸の動静について」と題し、覚醒剤等の薬物防止についての講演会を開催しました。

 同講演会には、リーダーストレーニングの一環として、教育・経済両学部のクラブ・サークル等における次期幹部候補者等の学生約200名が参加しました。講演では、まず、大麻や覚醒剤等の不正薬物に対する対応、自己防衛の基本をビデオ等によりわかり易く説明された後、薬物の種類や密輸犯罪の状況が報告され、密輸入の巧妙な手口や本人が知らない間に犯罪に加担していることがあること、また、海外旅行等では特に注意が必要であるとの話がありました。

 講演に参加した学生達は、薬物使用による怖さや薬物依存症の恐ろしさを改めて知ることができ、薬物に対する認識を新たにするなど、大変有意義なものとすることができました。
(学生支援課)

講演する菅原情報管理官

講演する菅原情報管理官

熱心に聴講する学生ら

熱心に聴講する学生ら