1月12日(水)、滋賀大学教育改革フォーラムを開催しました。

 本年度は、学生の主体的な学習を促したり、学習支援体制を充実させたりする上で有用とされるICT(情報通信技術)を普及させることで、全学的な教育改革の取組みを推進するという趣旨の下、『ICTを利用した教育改革』をテーマに掲げました。

 北村理事による開会挨拶の後、教育学部鈴木真理子教授より「大学におけるe-Learningの現状と課題(滋賀大学の現状)」と題し、滋賀大学学習管理システム(SULMUS)の紹介及び活用実績の報告、経済学部鈴木正信特任准教授より「大学におけるe-Learningの現状と課題(四国地区の大学の事例)」と題し、自身の経験から四国地区の大学が連携し実施するe-Learningの取組及び今後のe-Learningの展望について報告がありました。また、学務課職員からは「教務システム(ドリームキャンパス)のデータ活用について」及び「Webコミュニケーションシステムの活用について」それぞれのシステム活用方法・活用例について報告されました。

 本フォーラムは、遠隔講義システムを利用し、彦根キャンパスと大津キャンパスの同時開催で行い、各報告をきっかけに、滋賀大学におけるICTの具体的な活用方法、今後の展望・課題について参加者間で情報を共有することができ、全学として教育の質向上に取り組む上で、有意義な機会となりました。

挨拶する北村理事

挨拶する北村理事

学務課報告(教務システム)

学務課報告(教務システム)

学務課報告(Webコミュニケーションシステム)

学務課報告(Webコミュニケーションシステム)