6月16日(水)本学教育学部附属中学校の生徒が、総合的な学習の時間「BIWAKO TIME」(学び方を学ぶ地域をフィールドとした調査型学習)の中で「大津市で魅力ある『ゆるキャラ』を作りたい」と考え、その手がかりを得るために、本学谷口ゼミナールが考案したキャラクター「カモンちゃん」の誕生までの経緯や取組み内容などの取材に彦根キャンパスを訪れました。

 取材には、附属中学校2年生の蟻田さん、松田さん、藤田さんの3名が訪れ、谷口教授及びゼミ生から、「カモンちゃん」誕生まで経緯や名前の由来などの紹介、谷口ゼミナールが「カモンちゃん」とともに取組んでいる地域貢献活動について説明があり、生徒の皆さんは、説明を聞き逃さないようにと真剣な眼差しで、一生懸命メモをとっていました。

 続いて生徒の皆さんから制作後の商業効果や県外への進出状況などいくつかの質問があり、場所を移して、大学会館屋上テラスにおいて、障害者就労支援を行う事業所「工房ふれっしゅ」とコラボして販売支援に取組んでいるクッキーを味わいながら、ゼミ生から質問に対する回答がありました。

 ゆるきゃら(R)ビジネスの的を射た質問に経済学を学ぶ学生たちも回答に苦慮する場面もありましたが、和気あいあいとした雰囲気の中取材が行われました。最後にカモンちゃんの着ぐるみ体験をしました。

カモンちゃんとの初対面

カモンちゃんとの初対面

説明する谷口教授

説明する谷口教授

説明を聞く生徒の皆さん(手前)

説明を聞く生徒の皆さん(手前)

屋上テラスでの1コマ

屋上テラスでの1コマ