2010年6月5日(土)に実施された第45回全国大学対抗簿記大会(資格の大原・大原大学院大学主催、毎日新聞社・イタリア大使館後援)において、重山友香さん(経済学部会計情報学科3年)が、「個人戦2級の部」で全国1位(100点満点で優勝)に輝きました。中級レベルの2級とはいえ、やはり満点を取ることは容易ではありません。今回の結果は、検定試験の合格最低水準の「70点」ではなく、あくまでも「満点」を目指し、適度な緊張感をもって反復練習に取り組んだ成果といってよいでしょう。
 全国大学対抗簿記大会は、「資格の大原」主催により、全国の大原グループ各校を会場として年2回開催される簿記のインターカレッジです。今大会は全国で127の大学、5,263名が参加し、赤塚ゼミナール(会計情報学科)は京都会場にエントリーしています。赤塚ゼミ生の個人戦の優勝は、昨年度の大会に引き続き2年連続です。また、個人戦と同時にエントリーした「団体戦2級の部」では、全国9位に入賞することができました。来年度もまた今年度以上によいご報告をさせていただくことをお約束し、研鑽を積む所存ですので、今後もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

賞状を手に喜びの重山さん

賞状を手に喜びの重山さん

団体戦に出場した皆さん

団体戦に出場した皆さん

赤塚ゼミナール3、4回生の皆さん

赤塚ゼミナール3、4回生の皆さん