3月15日(月)に『滋賀大学職員表彰「学長賞」』の表彰式を、個人表彰者3名及び団体表彰の代表者5名が出席し開催しました。
 表彰式では、成瀬学長から、被表彰者に表彰状と記念品が授与され、引き続き学長から、多大の貢献に対する功労を称えるとともに、温かいねぎらいの言葉が述べられました。
 この表彰は、大学の業務に関し、特に功労があって他の模範とするに足りると認められる者(団体)に贈られるもので、このたびは、個人表彰として3名、団体表彰として3団体17名の方に贈られました。
 平成21年度の学長賞被表彰者は次の通りです。(順不同)

【個人表彰】

糸乗 前 教育学部教授
 科学技術振興機構に採択された「理数系教員養成拠点構築事業」プロジェクトの申請及び組織化において多大の貢献

有馬敏則 経済学部教授
江竜美子 経済学部助手
 「滋賀大学・朝日新聞パートナーズシンポジウム」の企画、準備、開催に尽力し、大学の社会的貢献とイメージアップに多大の貢献

【団体表彰】

<施設管理課>7名
 既設建物の有効活用及び施設整備マスタープランに基づく計画的・効果的な整備の推進に多大の貢献

<図書情報課>4名
 安全性、アメニティ並びに収蔵力の向上、バリアフリー化を進めた図書館のリニューアルオープンに多大の貢献

<滋賀大学創立60周年記念事業実施委員会企画部門・実施部門>6名
 大学としての一体感、アイデンティティの形成に大いに寄与した創立60周年記念事業において中心的役割を果たし事業の成功に多大の貢献

表彰される糸乗教授

表彰される糸乗教授

図書情報課を代表し表彰状を受ける藤井図書情報課長

図書情報課を代表し表彰状を受ける藤井図書情報課長

お祝いを述べる成瀬学長

お祝いを述べる成瀬学長

受賞の喜びを述べる有馬教授

受賞の喜びを述べる有馬教授