挨拶する丹羽会長

 3月8日(月)経済学部講堂において、伊藤忠商事(株)取締役会長の丹羽宇一郎氏へ本学ではじめてとなる「滋賀大学名誉博士」の称号授与式、記念講演会及び祝賀会を、伊藤忠商事(株)の関係者の方々、県内財界人、金融機関や本学関係者などをお招きし挙行いたしました。
 授与式では、成瀬学長から丹羽会長に名誉博士記及び記念品が授与され、引き続き学長から、経済学部の前身である彦根高等商業学校設立の際に、現在の滋賀県犬上郡豊郷町出身で同社を創業した伊藤忠兵衛家から多額の寄付があったことや本学が行っている近江商人研究に対しても同社から様々な形での支援を頂いていること。また、丹羽会長自身にも、学生への講義やシンポジウムでの基調講演を行っていただくなど、同社と丹羽会長からの本学への功績を紹介するとともに、改めてお祝いとお礼の言葉が述べられました。引き続き丹羽滋賀大学名誉博士が挨拶され「伊藤忠商事の発祥の地であり、近江商人の研究を続けてきた滋賀大学からこの話をいただき、当社として大変名誉なことであるので 私個人としてというよりは会社を代表して伊藤忠兵衛の名代としてお受けすることにしました。」と述べられました。
 その後、「商売道の精神と倫理」と題して、丹羽滋賀大学名誉博士による記念講演会が開催され、伊藤忠兵衛の商業道を称えるとともに、営利主義だけではない近江商人の精神と倫理が今後資本主義社会において、益々重要になってくると話されました。講演会は一般の方にも解放され、聴講したみなさんは、この貴重な機会に熱心に聴講されていました。
 場所を移して、記念祝賀会が開催され、4月1日付で社長就任予定の岡藤正広伊藤忠商事(株)取締役副社長から挨拶があり、その後宮本前滋賀大学長の発声により乾杯し、出席者全員で丹羽会長の授与をお祝いしました。途中、河本英典滋賀経済同友会代表幹事や本学経済学部卒業生でもある井上泰彦滋賀銀行常務取締役、大森修太郎経済学部陵水会理事長から祝辞が述べられ、和やかな雰囲気の中、祝賀会は終了いたしました。

挨拶する成瀬学長

挨拶する成瀬学長

丹羽会長への名誉博士記の授与

丹羽会長への名誉博士記の授与

本学関係者との記念撮影

本学関係者との記念撮影

講演する丹羽名誉博士

講演する丹羽名誉博士

挨拶する岡藤副社長

挨拶する岡藤副社長

祝賀会場で意見を交わした学生らと

祝賀会場で意見を交わした学生らと