1月19日、秋学期SA/TA感謝状贈呈式が、生協会館2階ゲストルームにて行われました。経済学部の必修科目のひとつであるコア科目のSA/TAは、「コアセッション」と呼ばれる問題演習形式の授業において、本講義の復習や解法テクニック等を受講生(主に1、2年生)に教えるという他大学には例をみない業務に従事します。コアセッションを受講したうえでコア科目の定期試験を受験した場合の合格率は、受講しない場合よりも格段に高く、コアセッションという授業形態の有用性は、データで裏付けられています。
 また、受講者に限らず、SA/TA自身にも、自分の伝えたいことをわかりやすく説明するスキルが徐々に備わっていきます。SA/TAの業務をつうじて身につけたスキルは、彼ら彼女らにとって強力な武器となってゆくことでしょう。
 感謝状贈呈式では、各科目の担当教員も出席し、SA/TA1人1人に小西経済学部長より感謝状と記念品が手渡されました。また、その後の4年生の代表者2名によるスピーチでは、これまでの体験談が披露されました。4年生は3月で卒業となりますが、コアセッションの運営で身につけたスキルを、実社会で役立てていってもらいたいと思います。

※TAとは、Teaching Assistantの略で授業補助をおこなう大学院生のことです。
 SAとは、Study Assistantの略で授業補助をおこなう学部上級生のことです。

感謝状贈呈式の様子

感謝状贈呈式の様子

感謝状贈呈式の様子

感謝状贈呈式の様子

挨拶する小西学部長

挨拶する小西学部長

各科目を代表して挨拶する名倉さん

各科目を代表して挨拶する名倉さん

各科目を代表して挨拶する黒田さん

各科目を代表して挨拶する黒田さん