10月31日(土)13時から、彦根キャンパスにおいて、滋賀大学創立60周年を記念し「経済学部ホームカミングデー」を開催しました。
 はじめに経済学部講堂を会場として、小西経済学部長の歓迎の挨拶に続き、有馬教授と三神教授による記念ミニ講義が行われました。有馬教授は、「世界大不況と日本経済」と題して、アメリカのサブプライムローンの仕組みの解説や現在の日本経済の不況をどのように乗り切ればよいかなど示唆されました。また、三神教授は「40年の思い出」と題して、先生が滋賀大学に就職されてから40年の歳月を回顧され、学生紛争時や寮歌のことなどたくさんの思い出を語られ、懐かしそうにうなずく方も見受けられました。
 続いて学内自由散策の後に、第二校舎棟で在学生も出席し懇親会が開催されました。大森陵水会理事長の挨拶の後、恩師や旧友との久しぶりの再会に会話も弾み、アカペラサークルによるコンサートや卒業生から母校への一言も披露され、和やかなうちに会は進みました。最後に出席者全員が肩を組み、体育会によるエールと経済学部の前身である彦根高等商業学校校歌を合唱し終了いたしました。

挨拶する小西経済学部長

挨拶する小西経済学部長

講演する有馬教授

講演する有馬教授

講演する三神教授

講演する三神教授

懇親会で挨拶する大森陵水会理事長

懇親会で挨拶する大森陵水会理事長

懇親会での1コマ

懇親会での1コマ

体育会によるエール

体育会によるエール