7月15日、春学期SA/TA感謝状贈呈式が行われました。コア科目のSA/TAの主な活動内容は、「コアセッション」と呼ばれる問題演習型の授業(ミクロ経済学、マクロ経済学、統計学、簿記会計)において、問題の解き方を受講生(主に1、2年生)に教えることです。コアセッションを受講したうえでコア科目の定期試験を受験した場合の合格率は、受講しない場合よりも格段に高く、コアセッションの有用性がデータで実証されています。
 また、受講者に限らず、SA/TA自身にも、自分の伝えたいことをわかりやすく説明するスキルが備わっていきます。SA/TAという制度は、他大学では類をみない制度であり、SA/TAの業務をつうじて身につけたスキルは、TA/SAが就職活動をするときに非常に強力な武器となってゆくことでしょう。
 感謝状贈呈式では、春学期に各科目のSA/TAとして貢献してくれた1人1人に、小西経済学部長より感謝状が手渡されました。その後、各科目の代表者からスピーチがあり、和やかな雰囲気のもと、半年間の体験談が披露されました。

※TAとは、Teaching Assistantの略で授業補助をおこなう大学院生のことです。
 SAとは、Study Assistantの略で授業補助をおこなう学部上級生のことです。

感謝状贈呈式の様子

感謝状贈呈式の様子

感謝状贈呈式の様子

感謝状贈呈式の様子

挨拶する小西学部長

挨拶する小西学部長

各科目を代表して挨拶する青野さん

各科目を代表して挨拶する青野さん

各科目を代表して挨拶する梅本さん

各科目を代表して挨拶する梅本さん

各科目を代表して挨拶する亀井さん

各科目を代表して挨拶する亀井さん

各科目を代表して挨拶する盛林さん

各科目を代表して挨拶する盛林さん

各科目を代表して挨拶する滝澤さん

各科目を代表して挨拶する滝澤さん

各科目を代表して挨拶する小亀さん

各科目を代表して挨拶する小亀さん