6月13日(土)経済学部第23番講義室において、第44回滋賀大学・和歌山大学二大学学長杯争奪総合定期戦の結団式が行われました。
 結団式では、本戦を6月27日(土)・28日(日)に控えた教育学部と経済学部の選手が一同に会し、成瀬学長から激励の言葉を受けた後、選手代表が滋賀大学の6連覇を成し遂げるべく選手一丸となって最後まで正々堂々と戦い抜くと決意表明がなされ、会場を埋めた選手達は、皆内なる闘志を燃やしていました。

結団式の様子

結団式の様子

挨拶する成瀬学長

挨拶する成瀬学長

結団宣言

結団宣言

 引き続き第14回滋賀大学学長賞授与式が行われました。
 授与式では、選考経過概要について近藤副学長より説明があり、学長からねぎらいの言葉とともに教育学部4回生小池有葵さんと経済学部体育会代表者に表彰状と楯、副賞が授与されました。小池有葵さんは第13回全日本高校生・大学生書道展において最高の賞である大賞を受賞し、新聞等に掲載されるなど社会的に高い評価を受けました。また、経済学部体育会は献血の推進に積極的に協力し、我が国の血液事業の発展に寄与し、厚生労働大臣表彰を受賞し、社会的に高い評価を受けたことにより、この名誉ある賞を受賞しました。

喜びの小池さん

喜びの小池さん

体育会の皆さん

体育会の皆さん