4月27日(月)、大学を取り巻く情勢、大学及び部局の年度目標や課題に関して幹部職員の意思統一や認識の共有を図るため、平成21年度幹部職員合同会議を開催しました。
 会議では、成瀬学長の挨拶の後、「平成21年度の大学運営の重点課題と方針」の説明があり、引き続き、各理事、両学部長、課長、事務長、室長から所管部局課の年度目標と課題及び抱負と決意が述べられました。
 会議終了後、読売新聞大阪本社編集局科学部長 本多 宏氏を講師に迎え、「大学全入時代−新聞社の視線−」と題して経営戦略会議主催の講演会を開催しました。講演では、大学広報のあるべき姿について、他大学の事例を交えながら、大学の規模に応じた広報のあり方などわかりやすい説明があり、聴講した職員は、改めて広報の重要性を認識するとともに、今後の本学の広報活動を検討する上で、大いに参考になりました。

成瀬学長

成瀬学長

秋山理事

秋山理事

近藤理事

近藤理事

三竹理事

三竹理事

力石理事

力石理事

合同会議の様子

合同会議の様子

講演する本多科学部長

講演する本多科学部長

熱心に聴講する職員ら

熱心に聴講する職員ら