新ビジネスモデル構築に向け熱い報告相次ぐ

 滋賀大学エグゼクティブプログラムの中間報告会が、12月8日大津サテライトプラザで開催された。
 報告会では、3つのグループに分かれて検討してきた新しいビジネスモデルの構築に向けた戦略が発表された。
 メンバー各社それぞれの新ビジネスモデルを持ち寄ってそのうちの1つのモデルを洗練しようとするグループ、メンバー各社の技術の強みを組み合わせて新しいビジネスモデルにチャレンジするグループ、メンバー各社のうちから代表モデルに集中して取り組むグループの3グループからそれぞれ個性的なビジネスモデル案が発表され、指導に当たってきた教員からは鋭い指摘やモデルの洗練への意見が出されて熱い議論が展開されるという状況で、ビジネススクールらしい雰囲気であった。
 3グループはそれぞれ異なったアプローチを取りながらも、閉塞感が強まっている昨今の経済環境にあって是非、新しいビジネスモデルに基づき「滋賀大学エグゼクティブプログラム発の新商品」を世に問いたいとの気概を確認して、中間報告会を終えた。

 2月下旬の最終報告会が楽しみとなった第2期の本プログラムに期待したい。

受講生発表の様子

受講生発表の様子

議論の様子

議論の様子