講演する金子東京大学大学院教育学研究科長

講演する金子東京大学
大学院教育学研究科長

 11月28日(金)、本部管理棟大会議室と教育学部大会議室でテレビ会議システムを利用して、第1回滋賀大学外部アドバイザー会議が開催されました。
 同会議は、今年度設置された将来構想検討委員会の下に、本学のあり方について様々な角度から検討することを目的として設けられたものであり、今回、外部からどのような要請があるのか広く意見を聴くため、各分野の専門家等を外部アドバイザー委員として招き、講演及びパネルディスカッションを行いました。
 会議前半では、成瀬学長の挨拶のあと、金子元久東京大学大学院教育学研究科長・教育学部長を講師に、「日本の国立大学の未来—大学の将来像—」と題した、大学教育の現状及び質の向上に係る課題に関する講演が行われ、参加した教職員約100名は熱心に耳を傾けていました。
 後半では、「これからの滋賀大学のあり方(滋賀大学の将来への提言)」をテーマに、金子元久東京大学大学院教育学研究科長・教育学部長、村田隆紀前京都教育大学長、森棟公夫京都大学大学院経済学研究科長・経済学部長、滝紀子学校法人河合塾教育研究開発本部教育研究部長及び成瀬学長によるパネルディスカッションを実施した。各委員から本学の将来への提言がなされた後、参加者との活発な意見交換が行われ、参加者は本学が置かれている状況を改めて認識するとともに、今後の将来構想についての意識を高める大変有意義な会議となりました。

熱心に受講する参加者

熱心に受講する参加者

様々な意見が交わされたパネルディスカッション

様々な意見が交わされたパネルディスカッション