11月14日午後3時より、本学経済学部卒業生の戸田一雄特任教授(元松下電器産業(現パナソニック)(株)副社長)を講師とし、からすま京都ホテルを会場に「滋賀大学経済講演会」を開催しました。
 今回の講演会は、京都商工会議所及び滋賀大学経済学部陵水会の後援を得て、戸田特任教授の強い危機意識を日本文化の中心・京都で熱く語ることにより、日本及び地域の活力に貢献できればと企画したもので、地元企業経営者や金融機関の職員、卒業生の方など多くの方にお越しいただきました。
 成瀬学長の挨拶に引き続き、「日本人の強みを生かす」と題して講演が行われ、世界的な経済危機が拡大する中、日本人が本来持つ「技術力の強み」「文化力の強み」「高い精神力」を生かし、新産業分野(環境・エネルギー他)で、日本が21世紀の方向を示すべきであると訴え、また、実業の世界から教育の世界へ身を転じ感じたこと「若い人たちに夢を語り、日本人のよさを伝えるべき」など力強く語り、会場では熱心にメモを取る人も見受けられるなど、盛況のうちに講演会は終了しました。

挨拶する成瀬学長

挨拶する成瀬学長

講演する戸田特任教授

講演する戸田特任教授

講演に聞き入る出席者

講演に聞き入る出席者

質問する出席者

質問する出席者